会社案内

代表メッセージ

「独創性で未来を拓くモノづくり企業へ」

加茂精工は1980年に空圧式割出装置「ミニデックス」を開発し機械要素メーカーとしての産声を上げました。5年後には世界初の機構である「ボール減速機」の商品化に成功し、1999年には現在の弊社の成長を牽引するTCGランナーを発売しました。これらは“新規有用なるものを創造提案する”という創業来の理念のもと日々新しいことにチャレンジしてきた結果であると思っております。

そして2020年には設立40年を迎え、次の10年である設立50年を目指し新たな中期ビジョンを掲げました。

「Kamoの強みを生かし、独創性で未来を拓くものづくり企業になる」

~ 古いモノ・コトを整理し独創力で新たな柱を生みだし、「創作(つく)って」「売って」「育てる」好循環を実現する ~

国内外においても新型コロナウィルスの蔓延、地球環境問題、高齢化社会、AI・ロボット技術の進化など社会・経済は日々変化しています。このような世の中で、世界のものづくりや地域社会に貢献し会社の成長と社員の幸福実現していくことが私たちの存在意義となります。会社のそして個人の夢・目標を明確にし「準備し」「育て」「繋がり」「考え」「行動する」という正しい努力を続けることで私たちの想いをひとつひとつ「実現」し、自らが気づき、考え、行動できる人材が活躍する会社、自由闊達で独創性で未来を拓く会社を目指していきます。

今後とも皆様からの変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 今瀬 玄太
代表取締役社長 今瀬 玄太

経営理念

新規有用なるものを創造提案し、求められる品質性能に育て上げ、広く長く愛される製品を提供する。

お互いを認め切磋琢磨し、感謝の心を持つ人になり、育てる、繋がる企業組織を作る。

もって世界のものづくりに貢献し会社の永続発展と社員の幸福を実現する。

会社概要

本社外観
商号
加茂精工株式会社
本社所在地
〒470-0424 愛知県豊田市御作町亀割1166番地MAP
TEL
0565-76-0021(代表)
設立
昭和55年10月1日
資本金
85,000,000円
代表者
代表取締役 今瀬玄太
社員数
78名(2019.1時点)
事業内容
TCGシリーズ、ボール減速機、インデックスなどの機械エレメントの開発・製造販売

会社紹介動画

国内製造拠点

出雲工場外観
出雲工場
〒691-0074
島根県出雲市小境町1700-2
(出雲市東部工業団地内)
TEL:0853-67-9121
MAP

海外現地法人(営業拠点)

韓国
(株)KAMO FA
1Dong-216Ho ‘IT Castle’ Gasan-dong, Geumcheon-gu, Seoul, Rep of KOREA(Zipcode : 153-768)
TEL:+82-2-761-5621
FAX:+82-2-761-5622
URL:http://kamofa.co.kr/
E-mail:kamofa@hanmail.net
MAP
中国
加茂伝動科技(南京)有限公司
江苏省南京市秦淮区常府街75号常府风华苑4幢401室
TEL:+86-25-5223 0890
FAX:+86-25-8662 8051
URL:http://www.kamoasia.com/
E-mail:ztc@kamoasia.com
MAP

製品情報や技術に関する相談や特殊対応品などお気軽にお問い合わせください

0565-76-0029 営業直通 平日 8:30〜17:00
加茂精工株式会社