く つ が え す 、 モ ノ づ く り 。

機械

1986年に世界で初めて開発した『ボール減速機』は、小径のボールを使うことで低摩擦かつ大きな減速比を得られる特性を持ちます。ノンバックラッシ(寸法のズレや衝撃)がないのも特徴です。“減速機=歯車”というそれまでの常識を大きく覆した製品でしょう。その後も私たちは、数々の発明品を世に送り出してきました。 「決して誰かの真似ではなく、今までにない製品を創造する」この一心で、既存の考え方を覆すモノづくりを続けてきたのです。決められた事だけではなく、今ある事象を覆す。その精神は、今も、昔も、そして未来も変わりません。

INTERVIEW 先輩たちの声

技術、製造、営業。 それぞれの仕事、それぞれのスタイル。

  • 松林 佑 技術職 2012年入社
  • 葛西 文寿 製造職 2011年入社
  • 中川 健 営業職 2007年入社
  • 皆川 洸輔 技術職 2014年入社

どこまでこだわり、どこにやりがいを感じ、どんなことが大変なのでしょう。加茂精工で活躍中の先輩たちは、果たしてどんな働きかたをしているのか。現在の仕事内容と、それを覆してでも挑戦してみたいことを、職種毎にご紹介します。

MESSAGE 社長メッセージ

社長から、あなたへ

MESSAGE FROM PRESIDENT
ボール減速機をはじめ、これまでの製品によって加茂精工は大きく躍進しました。一方で今後の数年・数十年先を考えると、変わらず守るべきコト、変えなければいけないコトが見えてきます。第一にモノづくり。品質は絶対的に守りながら、開発においては新しい発想を積極的に取り入れなければいけません。第二に販売促進。これまで半導体・液晶・設備メーカーが主な取引先でしたが、自動車や医療などの新たな業界。もしくは海外展開を更に強化しなければいけません。共通して言えるのは“既知”ではなく“未知”の領域へ踏み込むこと。柔軟な発想で、新しいことを積極的に取り入れてください。ときには現状を覆すような、心意気ある方をお待ちしています。
加茂精工 株式会社 代表取締役 社長
今瀬 玄太

ABOUT 製品について

MANUFACTURING WITH SLOWLIFE
スローライフでものづくり

愛知県豊田市御作町という所に加茂精工はあります。正直、便利な場所とは言えません。最寄の猿投駅までは車で20分ほど、一番近いコンビニでも車で10分はかかります。社員は全員車かバイク通勤なので、不便には感じていない様子。「渋滞に巻き込まれることがないから気が楽ですねぇ」なんて、むしろ快適に感じている社員もいるほどですから。周辺は見渡す限りの深緑。都会の喧騒とは無縁です。イタチ、タヌキ、イノシシ、キジに遭遇するのも珍しくありません。言うまでもなく空気は澄んでいますし、日が暮れると星が瞬きます。「時間がゆっくり流れる環境だから、モノづくりに集中できるのかもしれませんね」なんて、呑気に誰かが言っています。
※写真は工場の屋上から見える景色です。

PRODUCTS 製品について

日常生活では、まずお目にかかれません。

  • 落下防止ホームドアイメージ

    駅で見かける落下防止ホームドアに採用されました。

  • 胴体の検査装置、翼の加工設備、塗装設備イメージ

    胴体の検査装置、翼の加工設備、塗装設備などに採用されました。

  • CTスキャン、MRI検査装置イメージ

    CTスキャン、MRI検査装置に採用されました。

ボール減速機をはじめ、パールデックスやTCGランナーなど。私たちの製品は“設備”で使用されることがほとんど。製造現場で使われる機械やロボットのことを指し、それらを構成する一部として採用されています。機械・電機業界を中心に幅広い業界で活躍しており、意外なところでも使われていますが…日常生活で直接製品を目にすることは、まずないでしょう。それでも、世の中において価値があることに違いはありません。

ADOPTION CASE 製品採用事例

プラネタリウム文字
プラネタリウム画像

微小な星の位置を距離のあるスクリーンへ正確に投影するため、毎回寸分たがわぬ位置決め精度が求められます。

プラネタリウム図

アミューズメントパークのアトラクション文字
アミューズメントパークのアトラクション画像

世界的なアミューズメントパークにおいて耐久性、信頼性、滑らかな動きが評価され実際に人が乗車する、事故があってはならない重要な部分に採用されています。

アミューズメントパークのアトラクション図

F1チームのドライビングシュミレータ文字
F1チームのドライビングシュミレータ画像

コンストラクターズタイトル4回、優勝回数52回を誇る名門チームのドライビングシミュレーターの車体旋回部に使用されチーム車両開発に貢献しています。

F1チームのドライビングシュミレータ図

気象レーダ文字
気象レーダ画像

全国各地の気象レーダーの旋回、仰角の制御にノンバックラッシの減速機が活躍しています。

気象レーダ図

自動車生産設備文字
自動車生産設備画像

日本のすべてのメーカーのエンジンからシャシーまであらゆる生産設備に採用されています。

自動車生産設備図

スマートフォン生産設備文字
スマートフォン生産設備画像

スマホカバーの研磨機に採用されています。今や生活の必需品となったスマホ。美しく滑らかな質感を実現するために当社のエレメントが欠かせません。

スマートフォン生産設備図

高級タイヤ製造設備文字
高級タイヤ製造設備画像

TCGは高い位置決め精度を有した回転そして直線の動きで高精度なタイヤ生産に貢献しています。

高級タイヤ製造設備図

航空機製造設備文字
航空機製造設備画像

最新航空機の生産設備に採用され胴体、主翼の生産のキーとなる動作をTCGがになっています。

航空機製造設備図

液晶・有機EL生産設備文字
液晶・有機EL生産設備画像

多数のメーカの前工程から後工程まで様々な部分にTCGが採用されています。高い位置決め精度、クリーン度が求められる環境下において当社の製品は他社との優位性を保っています。有機ELは成長市場であり、今後の需要が期待される分野です。

液晶・有機EL生産設備図

半導体製造設備文字
半導体製造設備画像

世界的に有名なメーカの製造設備に採用されています。TCGは高い位置決め精度、クリーンで低粉塵が求められる環境に最適な製品です。

半導体製造設備図

WELFARE 福利厚生

畳の上でTVを見るも、卓球するも、自由。

福利厚生イメージ

郊外の会社だからと言って、福利厚生をおろそかにはしません。お昼は格安弁当があるので、必要に応じて利用してください。食後はご自由に。畳の敷かれた休憩室でTVを見ながらくつろいでも、会社で購入したボードゲームで遊んでいただいても構いません。卓球台で卓球を楽しむスタッフもいます。休日は同好会の活動が活発です。バドミントン、釣り、ツーリング、ボウリングなど、沢山あるので興味があれば是非。歓迎会、忘年会、家族を招いての周年記念パーティーなど、定期的にイベントもあります。“職場だけの付き合い”なんてドライな関係では、終わりません。

EDUCATION 教育体制

側にいる仲間と、社内外の研修。

教育体制イメージ

言うまでもありませんが、何かあれば仲間がいつでも助けます。年齢、職種、役職は関係ありません。ご覧の通り社長との距離も近いですから。教育体制も整えています。新入社員研修から始まり、工場実習でモノづくりの流れを習得。半年後にフォロー研修で振り返りも行います。役職毎の階層別研修を受講していただくことも可能ですし、全社員対象の研修もあります。更なる高みを目指すのであれば、事前申請のうえで社外研修へ参加していただいても構いません。資格も積極的に取得してください。いずれも費用は会社が負担しますので(資格取得は初回のみ会社負担)。

INFORMATION 募集要項

職種 2018年卒 技術職
仕事内容

ボール減速機や割出機器など、
自社製品の開発・設計をお願いします。
入社後しばらくは既存製品の改良から。
角度伝達精度をいかに上げるか、効率をどう良くするかなど、
自らテーマを決めて取り掛かる場合と、
お客様の声を拾い上げて取り掛かる場合があります。
いずれにせよまずは自身で検証をし、改善点を発見。
その後は自分なりに改善策を模索してください。
(もちろん先輩がいつでもアドバイスするのでご安心ください)

経験を積むうちに思わぬ発想が浮かぶこともあるでしょう。
その場合は遠慮なく実現に向けて動いて下さい。
(もちろん先輩へ報告・相談をしたうえで)
発想や思いつきによって生まれる「挑戦したい」という気持ち。
尊重し、実現に向けてサポートするのが会社の役目です。

勤務地

<本社>
愛知県豊田市御作町亀割1166

●周りは山。目の前はゴルフ場。
 交通の便はよくありませんが、環境は最高です。
 都会の喧騒とは無縁で、夜になると満天の星空が姿を表します。
 イタチ、イノシシ、タヌキ、キジが目の前に現れることも少なくありません。

アクセス

名鉄三河線「猿投(さなげ)駅」よりクルマで20分

●「渋滞に巻き込まれる」「通勤ラッシュで満員電車に揺られる」
 など、通勤に関するストレスはほとんどありません。
 信号が少ない上に交通量も少ないのがメリットです。

勤務時間 8:30~17:00 (実働7時間30分、休憩60分)
給与

■2017年4月 初任給実績
大学卒 19万9000円
大学院卒 20万2000円 ~

諸手当

■出張手当
■役職手当
■家族手当
■食事手当
■時間外手当
■資格手当
■交通費支給(月3万円まで)

昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月・12月)
休日休暇

完全週休2日制(土・日)
■GW(4日)
■夏季(9日)
■年末年始(10日)
■有給
■慶弔
◎年間休日数:119日

保険

社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)

福利厚生

■制服支給
■社員持株
■退職金制度
■クルマ通勤可(駐車場完備)

先輩出身校

愛知学院大学、愛知学泉大学、愛知工業大学、愛知大学、青山学院大学、金沢工業大学、岐阜大学、滋賀大学、静岡大学、大同大学、名古屋外国語大学、名古屋工業大学、一橋大学、北海道工業大学、早稲田大学 他

採用関連記事

x

エントリー

お名前
お名前(フリガナ)
メールアドレス
大学・学部・学科名
住所
電話番号
- -

ご応募ありがとうございました。

担当者より別途ご連絡いたします。